現金


現金(キャッシュ)

現に貨幣として存在している通貨。

つまり諭吉サンとして現物が存在している通貨。

「預金」や「有価証券」や「固定資産」は、現金とはまったく属性が違う資産になる。

まだいまひとつ解っていないが、キャッシュは細切れにした信用の塊で、ある時点で固定された信用なんだろうか?

対してノンキャッシュは、常に価値が変動していると。

最近よくある黒字倒産は、売り掛け買い掛けの収支上は黒字、つまり利益が出ているのだけれども、支払いに必要なキャッシュが払底してしまうために起こる。

なんか、信用と信用をダイレクトに繋げば、キャッシュなんて要らなくなり、黒字倒産みたいなアホなことも無くなるんじゃないかという気がするが、それは素人考えなんだろうか??

なんでキャッシュって必要なんだろ?
ネットワークが無かった時代は、無いと非常に不便だったろうけど、遍く一人一人がケータイ端末を持っている今なら、キャッシュレスにしたほうが税制上も、犯罪抑止の面でも、経済効率でも良いはずだが・・・

みんなが生産したものはみんなのもので、私有財産がない共産主義ってのは、ある意味究極のキャッシュレス社会だが、それは失敗しちゃったわけだしなぁ。なんでなんだろ?

正規の信用情報以外の、公の帳簿には載らないマネーパワーを、世間には内緒で使いたいと思ったら、信用情報(クレジット)以外にも別属性のマネーパワー、即ちキャッシュがないと成立しないだろう。

つまりそういうことなのか?

黒社会モノの映画なんかで、アタッシュケースに詰め込まれた現ナマがドーンと出てくると、えもいわれぬプレッシャーを感じるのは、単に額面が大きいからではなく、こんだけのキャッシュ、つまり裏金を揃えられるのはどんだけ黒いんだ? っていうのを本能的に感じるからだろうか?

人には建前と本音があって、本音用のパワーを他人には隠して密かに持っていたくてしょうがないという、ほとんど本能的な習性があるから、クレジットとキャッシュの二重構造を解消できないのか?

ならばクレジットとキャッシュの価値の二重化の問題は、経済の問題ではなく、魂の問題ということになる。そりゃ難しい。。。

Topics

中国人民解放軍 国産空母2隻の建造進める
時代遅れの核兵器はどうでも良いとして、重武装の戦闘攻撃機を運用できる正規空母は、今でも最強兵器のひとつだ。アメリカは中国がこれに金を突っ込むのを許すのかね?

やっぱりF-35
日本に導入されるF−35についての考察です。日本国民のかなりの人が、時期主力戦闘機なんて必要なの?という懐疑的な見方をしていますが、第五世代戦闘機を配備することで、日本の制空権、制海権は守られ、安全保障がなされると考えています。

「F22」ステルス戦闘機247億円…米国が日本向け価格
F-22が生産中止だから、日本は北朝鮮や中国にの核に対して、有効な対抗手段を持ってはいけないというアメリカのメッセージが出ていると思っていたが、なんかF-22輸出の目もあるよみたいなニュースが出ている。

F-22 生産中止
ラプターの生産中止が正式に決まったようだ。 これでラプターは、アメリカ以外の国は所有できないことが確定。

例えば北朝鮮ミサイルに関するこんな記事
最初に氏のコラムを読んだときは、蒙を啓かれた心持ちでしたが、後にインターネットが普及して、より多くの情報に接する機会を得るようになると、なんかこの人の言っていることはちょっと偏っているなと感じてきました。

北朝鮮、韓国関係者を追放 緊張高まる
事実上の宣戦布告に近い状態まで来ているようだ。これはいつ戦争になってもおかしくない。半島での戦争はもちろん日本にとっては自分の庭で起っているも同然のことなので、対岸の火事では済まない。

Any trouble with site please Contact the webmaster today!
"This U.S. Small Business Administration (SBA) Grant agreement is partially funded by the SBA. SBA's funding is not an endorsement of any products, opinions, or services. All SBA funded programs are extended to the public on a non-discriminatory basis"

このサイトで何か問題は、今日の管理者に連絡してください!
この米国の中小企業局(SBA)のグラント契約は、部分的にSBAによって資金を供給されます。SBAの資金提供は、任意の製品、ご意見、またはサービスの保証はありません。すべてSBA資金プログラムは非差別的に大衆公開されています

Links

今、話題の映画「るろうに剣心」を見てきました。刃衛のエピソードなんかは、ジャンプの原作に忠実で見応えがありとても良かったです。特に主演の役者さんの抜刀術が見事で、なんだか自分もやりたくてウズウズしてきました。
帰ってきてから、ちょっとコーフン気味の私は、久しぶりに合気道の練習でもしようと思ったわけですが、この際、模造刀で練習しようと思い、さっそくWEBで注文をしました。金額は8000円弱の模造刀でしたが、私としては大満足の出来栄えでした。でも、残念なことに鍔がプラスチックのようでした。まぁ、合気道の練習用なので、細かい事は気にしませんが・・・
数回使って、今は床の間に飾ってありますが、見た目は結構、重量感があって、存在感が抜群。来客が来たときには、みなさん必ず、「渋い刀ですね」と言われるので、安い買い物だったなと思っています。

それにしても、夏休みを利用して行ってきた家族旅行はとっても楽しかったです。
行先は、恋人岬、チャモロビレッジなどで有名なグアムです。
子供が小さかったから、しかも2人なので、飛行機も大変かと思っていましたが、乗ってしまえばあっという間の3時間で着いてしまい、いろいろな心配は杞憂に終わりました。

ナナズ・カフェ、マンハッタン・ステーキハウス 、グアム レストランはいろいろありますが、今思い出してもよだれが出そうなほど(笑)あちらこちらで美味しくいただきました。
おかげで2s太ってしまったのは私だけの秘密ですが・・・

泊まったホテルは、パシフィック アイランド クラブです。
なぜここに決めたかと言うと、ホテルの中の遊び施設が充実していて、子供たちが飽きないだろうと思ったから。
まさにその通りで、子供たちは朝早くからホテル内の滑り台のついているプールに入りびたり、様々なアクティビティを申込み、疲れ果てるまで遊びまわっていました。
私たち大人は何と言っても、グアム ゴルフですね。
天気にも恵まれて、潮風に当たりながら爽快な気分でコースを回れました。
そして名物?の射的にも挑戦。私は怖がりなので主人だけやってみましたがさすがは男性。
初めて手にした銃で的を狙うと、けっこういいところに当たっていて驚き。日本では体験できない事なのでこれも良い思い出でしょうか。

そんなこんなで過ごす時間は、あっという間に過ぎ、いよいよ帰る日になると、息子たちが突然、泣き出しました。
よくよく話を聞くと、本当に楽しかったそうで、また来たいね・ありがとうと言う事でした。
私たち家族にとっての3泊4日旅行は、とても楽しい、一生の思い出となりました。

私は、今回の旅行はどこも思い出深く印象に残りましたが、私はやはり恋人岬が一番心に響きました。
そうそう、いろいろ遊びに行くので携帯電話をかりたのですが、グアム Wi-fiはどんな感じになっているかと思いましたが、特に不便な事無く使用出来ました。


VPr.は「クロマキー合成を使ったフルハイビジョンの撮影・編集システム」です。PIPとも呼ばれ動画 制作にはか欠かせない技術です。
人物の背景にCGや実写、プレゼン資料などを合成して同時収録することで、 時間と予算を大幅に節約しながら下記のような高品質で説得力のある動画を作成することができます。

博物館や美術館の多国語展開にはキュレーターの方も悩ましいと思われます。現在ある展示に単純に海外語の展示を張り替えるには多大なコストがかかり、かつそのスペースもありません。
iBeaconを使った館ナビというスマートフォンアプリでは標準で多国語が表示でき、展示に近づくだけで展示の概要を表示することができます。
今後このようなアプリが増えそうですね。

アイビーコンが出る前はIOSでは指定した領域を観測するためにCore Locationフレームワークを使用していました。そのCore Locationに新たに追加した機能がアイビーコンです。
一方グーグルはアイビーコンとは違いURLベースのPhysical Webというソリューションを提供予定です。これも020アプリ制作には必須の機能になると思われます。