中国人民解放軍 国産空母2隻の建造進める



時代遅れの核兵器はどうでも良いとして、重武装の戦闘攻撃機を運用できる正規空母は、今でも最強兵器のひとつだ。

アメリカは中国がこれに金を突っ込むのを許すのかね?
いまの中国の好景気のタネ銭は、アメリカが都合しているもので、まぁもっと元を辿れば日本の郵貯とか年金の資産だったりするのだが。

中国は自分のとこで原油がバンバン採れるわけじゃないので、重工業を発展させようと思ったら、中東あたりから引っ張ってこないといけないので、シーレーンを確保するのは至上命題になる。

日本が高度経済成長した時も、中東の原油を使ったわけだから、シーレーン防衛が必要な条件は同じだが、それはアメリカにやってもらってた。

中国が正規空母を持つということは、アメリカに頼らないというか、アメリカとは軍事同盟は結ばない方向ってことなんだろうか?

今の米民主党政権だと、中国と同盟しても良さそうなものだが、アメリカは一枚岩ってわけじゃないから、中国と軍事同盟は絶対に有り得ないとする勢力も当然あるだろう。

じゃあ軍事同盟しないから、中国は自前で空母作っちゃってね というのもかなり乱暴な話だが、米民主党の中核であるユダヤ人は、地理的物理的な領域には拘らない人々だから、アメリカで立場が悪くなったら、アジアに本拠地を引っ越しても構わないかなぐらいに考えてるかも知れない。

仮にアメリカ大陸からユダヤパワーが抜けてしまった場合は、USAは、英国病みたいになってしまうのかも知れない。

すごいね、それこそ真のチェンジだ。 高度に情報化した現代では、真の権力者は物理的な位置には拘束されないのだろう。

中国人民解放軍 国産空母2隻の建造進める

return top